年賀状印刷が安いのは?【写真入り年賀】割引率・はがき代も徹底比較 | 年賀状印刷会社を徹底比較!2020

年賀状印刷が安いのは?【写真入り年賀】割引率・はがき代も徹底比較

年末が近づくとソワソワする年賀状づくり。プリンターがあれば自宅で印刷することもできますが、写真入りの年賀状なら、きれいなものを作りたいですよね。

そこで、今回は、リーズナブルな写真入り年賀状(はがきに直接印刷するタイプ)を作れる印刷会社TOP3をご紹介します。

写真入り年賀状印刷の最安TOP3

 

ネットスクウェア 詳しくはコチラ>
★ ネットスクウェア2020年子年 の年賀状受付は終了しました

30枚 3,898円 早割64%OFF適用後
最安!
同時注文OK

宛名印刷:1枚10円
納期:3~8営業日
仕上がり:暗め・荒い
⇒プレミアムがオススメ
50枚 5,285円
しまうまプリント 詳しくはコチラ>
30枚 4,140円

早割70%OFF適用後
宛名印刷:無料!

2回目以降の注文は割引あり
納期:通常3日
翌日出荷特急便:+980円
仕上がり:顔色きれい
写真周りの余白に注意

50枚 5,580円
おたより本舗 詳しくはコチラ>
30枚 5,205円 早割40%OFF適用後
宛名印刷:無料!

はがき代:5円還元
納期:即日出荷
同時注文OK

仕上がり:顔色きれい
50枚 7,355円

<調査内容>
※年賀ハガキに直接印刷した場合、宛名印刷なしの価格で比較しています。
※価格は、写真入り年賀状を注文した場合の最安値、ハガキ代金込
(10月1日現在の各社割引適用後価格で調査しています)

パパ
パパ
値段で見ると、ネットスクウェアが一番安いね。

でも、宛名印刷も頼むとなると「しまうまプリント」の方が安くなりそうよ!
宛名書きって面倒なのよね~
ママ
ママ

娘
ママ、私、お友達にコメントを書きたいなぁ♪
今週末なら時間があるの。

そうね!ママもコメント書きたいわ。
「おたより本舗」なら、今注文すれば、今日発送してくれるんですって!
写真もきれいそうね。
ママ
ママ

宛名なしで最安はネットスクウェア

今回の調査で第1位に輝いたのは【ネットスクウェア】でした。

※ネットスクウェア2020年子年 の年賀状受付は終了しました。

名印刷は有料ですが、宛名印刷を希望しない方ならネットスクウェアがオススメ!写真の仕上がりにこだわりたい場合は、プレミアム印刷(約2,000円UP)になるので、ご注意くださいね。

宛名ありの最安はしまうまプリント

宛名印刷まで頼みたい方は、しまうまプリントがよさそうですね。
ただし、お急ぎの場合は特急料金980円がプラスされます。また、時期によっては、特急オプションを実施していないこともあるので、事前に確認してくださいね。

納期が早くて安いのはおたより本舗

お急ぎの場合は、即日出荷のおたより本舗がオススメ!印刷の仕上がりもよく、いろいろな割引を併用適用できるので、2年目以降はさらに安く注文できるようです。
さすが、ネット通販4年連続第1位というだけあって、問い合わせのサービスも充実しているうえに、個人的には何といっても1000万キャンペーンが魅力!!私は早速45型テレビに応募しました(笑)

各社で仕上がりや納期が異なりますので、ご自身に合ったチョイスをしてくださいね。

価格比較には、他にもいくつかポイントがあるので詳しく見ていきましょう!

ポイントは、【宛名印刷】【割引】【ハガキ代】の違いを見極める!

年賀状印刷会社7社を調査して、気付いたことがあります!それは、価格表に載っている金額だけで比較するのは危険だということです。
最終的な支払額に大きくかかわってくるのは、【宛名印刷】、【割引】、【ハガキ代】です。
それでは、ひとつずつ説明していきますね。

1)宛名印刷とは?

「宛名印刷」とは、年賀状のデザイン面だけでなく、送り先の住所や名前を印刷してくれるサービスのことですね。
最近では、多くの印刷会社が宛名印刷の無料サービスを行っています。
無料で印刷してくれるなら、頼んだ方が絶対良いです!!年末がものすごく楽になりますよ。

宛名面は黒色印刷のみなので、プリンターがあれば、自宅での印刷も可能です。 ところが、自宅印刷にはリスクがつきもの!

郵便番号枠と数字がズレてしまった。
はがきの送り時にが2枚くっついてしまい、住所が2枚に分かれて印刷されてしまった。

このような経験がある方も多いのでは?
特に写真入り年賀状は、全面印刷になることが多いため、紙送りの際に引っ付きやすいのです。

今回調査した中で宛名印刷が無料なのはしまうまプリントおたより本舗挨拶状ドットコム年賀家族ふみいろでした。
宛名印刷まで頼みたい方は、宛名印刷料金まで加味して料金比較してくださいね!
例えば、宛名印刷が1枚10円の場合、100枚注文するとオプション料金が1,000円プラスになります。

2)年賀状購入は割引もチェック!

今回調査した印刷会社では、すべての会社で早期割引なるものが実施されていました。
早期割引は、年末が近づくにつれて割引率が下がっていくので、どのタイミングで注文できるかも大きなポイントになります。

割引率は、印刷会社によって長めの期間で5~10%下がる場合や、数日単位で1~2%下げてくるなど、さまざまです。
また、早期割引系以外にも、以下のような割引があるので、ご自分の注文内容に合う会社を選ぶとお得に購入できますよ!

各社の割引情報一覧

  早割最大 リピート
割引
複数割引 追加割引 割引
併用可否
ネットスクウェア 65% 15% 200円OFF  
しまうまプリント 70% 1,380円OFF 1,380円
OFF
おたより本舗 40% 14~20% 10% 20%
年賀家族 50% 70%

基本料金82%
OFF

ふみいろ 55% 10% 10% 10%
四季印刷 60% 10% 10% 10%
挨拶状ドットコム 40% 550円OFF 550円OFF

年賀状割引・クーポン詳細情報

詳しい割引制度については、以下をご覧くださいね。
割引率が高いと、飛びついてしまいがちですが、定価のつけ方が各社で異なるので、上の表でご自身が一番使えそうな割引のお店で見積りシミュレーションをしてみてくださいね。

■ネットスクウェア 
 リピート割引:会員(昨年注文あり):15%OFFクーポン
 同時注文割引:2件以上の場合、1件につき200円OFF、最大1,000円OFF

■しまうまプリント
 1シーズン内リピート:基本料金1,980円→600円
 クーポンコード入力欄あり:他社サービスとの提携

おたより本舗
 会員グレード制:リピート年数により14~20%OFF
 同時注文割引:1回に2種類以上の注文で+10%OFF
 追加注文割引:前回と同内容の注文で+20%OFF
 ※各種割引は併用OK、早期割引と合わせ最大90%OFF

■年賀家族
 リピート割引:基本料金10,000円→7,000円
 追加注文割引: 基本料金10,000円→1,800円

■ふみいろ
 会員割引:60%OFF ※1シーズン1回限り、早割との併用不可
 複数(追加)注文割引:1シーズン内の2回目以降注文で10%OFF 
 ※2回目以降の注文の場合、早割は複数(追加)注文割引適用後の金額に
  早割率が掛けられるため、実質は増えるのは10%ではなく約4.6%

■四季印刷
 複数(追加)注文割引:1シーズン内の2回目以降注文で10%OFF 
 ※会員のみ・早割との併用OK 最大70%OFF

■挨拶状ドットコム
 複数注文割引:同時注文の2つ目以降は1デザインにつき550円OFF

3)年賀はがき代にも割引が!!

2019年10月1日より消費税が10%になり、年賀はがきは1枚63円になりました。
年賀状をたくさん出す方は、はがき代の値上げも気になるところですよね。
そんな方のために、はがき代を割引いてくれている会社を紹介します!

おたより本舗 ふみいろ
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は side_kangen_hagaki.png です この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は thumb005.png です
詳しくはコチラ> 詳しくはコチラ>

まとめ

いかがでしたか?各印刷会社ともに、価格や割引の表示や表現の仕方は様々であることがわかります。
デザインにはこだわらない、とにかく安く写真入り年賀状を注文したい!!という方には、こちらでご紹介したネットスクウェア(宛名なし)、しまうまプリント(宛名ありor複数注文の場合)のご注文がオススメです!
今後も年賀状を注文する方は、早い段階でおたより本舗に乗り換えると、今後どんどんお得に注文できますよ!

 

年賀状お役立ち情報