結婚報告の年賀状、送る相手で分ける必要があるってホント? | くらしのいいもの研究所

結婚報告の年賀状、送る相手で分ける必要があるってホント?

「結婚報告は年賀状で」と考えているならちょっと待って! 結婚報告の年賀状は、相手によって文面やデザインを変える必要があります。新婚早々、マナーや礼儀などを欠いた人と思われないように、印刷や注文をする前に正しいマナーを知っておきましょう。

結婚報告を年賀状でするなら相手に合わせたデザインを!

ウェイディングフォト

そもそも結婚報告のハガキは結婚の報告とともに、日ごろの感謝と今後も変わらないお付き合いをお願いするという意味合いで送るもの。そして、結婚して名字や住所が変わったことをご報告するためのものでもあります。そのため、結婚報告はがきは、本来、入籍や挙式後1~2ヶ月程で送るのが正式なマナーとされていました。

最近ではSNSやメールでの報告することが浸透し、結婚報告のはがきを出す人は減ってきています。一方、年賀状で結婚報告を兼ねて出すのもことも一般的になりつつあるようです。

年賀状で結婚を報告すること自体は問題ありません。ただし、SNSと同じ感覚で作成するのは考えもの。年賀状は年始の正式な挨拶をするものですから、送る相手に合わせたマナーや礼儀を踏まえて送るべきです。そのためには、相手によって文面やデザインを変える必要があるのです。

送る?送らない? グループ分けが最初のステップ

パソコンで作業

結婚報告の年賀状を作成する前にまず行いたいのが、誰に送るかを決める分類分け。

送りたい相手を結婚式の出欠や報告の有無で3つのカテゴリーに分けてみましょう。結婚式をした場合はその際に使用した出席者リストを利用すると比較的楽に作業ができるのでおすすめです。

1 結婚式に出席してくれた人、結婚報告をしている人
2 結婚式に招待していないが、結婚の報告済みの仲の良い人
3 結婚式に招待しておらず、結婚報告もしていない人

さらに、それぞれの中でも仕事関係者やお世話になった方など、目上の方と友人を分けておくと安心です。

1と2は簡単に選び出すことができますが、選びにくいのが3に入る人

ここ数年年賀状だけのやりとりになっている知人や、ビジネス上の付き合いでプライベートの話をしたりしない人などが3に入ります。

これを機にしばらく会っていない人に年賀状で連絡を…と考えるのも悪くはありませんが、結婚したからと突然送ると相手にとっては迷惑になりかねません。特に、疎遠になっている親類に送ると、先方に結婚祝いの督促かと勘違いされることも…。

残念ながら世の中には人の幸せをよく思わない人もいます。グループ分けの判断は難しいかもしれませんが、1通の年賀状で思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので、慎重に考えたいものですね。年賀状での結婚報告が相手に不快感を与えないかよく考え、一度送ったら数年間は年賀状を送り続ける心づもりでいるとよいでしょう。

送る相手との間柄によってデザインや文言を変える

おたより本舗_結婚報告年賀状
こちらは「 おたより本舗 」

送るグループ分けができたら、それに合わせて年賀状のデザインや文言を考え、数パターンのデザインを作成してみましょう。

友達なら少々のことは大目に見てくれると思いますが、上司や年配の方にハート柄満載のデザインやキスシーンなどのラブラブ写真の年賀状を送るのは常識を疑われてしまうかも!目上の方へ送るデザインは友人へのデザインと比較して、シンプルで落ち着いた雰囲気のものを選ぶのが無難です。

式でのツーショット写真などを選ぶ人も多いと思いますが、写真入りの年賀状は基本的にカジュアルになります。もちろん目上の方でも、写真入りの年賀状を喜ぶ人もいますので、相手との関係性で写真を入れるかどうか判断して作成しましょう。自分で印刷する場合はやや明るめの写真加工をして、解像度が高めの写真を選ぶと見栄えもよくなります

文言も丁寧かつ簡潔な文面を心がけましょう。結婚式に出席してくれた方にはそのお礼を文面に添えます。報告をしていない人には、報告が遅れたことのお詫びと、今後の抱負などを盛り込むとよいでしょう。仕事の関係者などそれほど親しくない方に送る場合は、通常の年賀状に一言「結婚しました」と入れるだけで十分です。

賀詞はどうする?

おたより本舗_結婚報告年賀状
こちらは「 おたより本舗 」

また、「HAPPY NEW YEAR」などの英語はもちろん、「賀正」もカジュアルな表現です。目上の方に送る場合は細かい部分まで失礼がないか、適切な年賀状になっているかの最終チェックを忘れずに。

年賀状は自分で作成して家で印刷した方が価格的には安く仕上がりますが、
人生のビッグイベントですから、 クオリティを重要視したいですよね。ネットから注文できる印刷会社でも、写真用紙やプレミアム仕上げなど、美しい写真仕上げで簡単に注文することもできます。思い切ってプロにお任せするのもおすすめです!少し奮発して、納得のいく年賀状を作りたいですね。

差出人名は連名・個人名を分けると相手に親切

結婚すると意外に悩むのが二人の差出人名の書き方結婚式に出席してもらったり、相手の方に紹介している場合は、差出人名は夫婦連名が基本です。まだ報告をしていない人へ送るときは、お付き合いのある方の名前のみで送りましょう。特に女性は苗字が変わる人が多いと思いますが、旧姓も印刷して送ると相手に対して親切です。

年末に不幸があった場合は結婚報告を出さない

NGマークを示す女性

年末に新郎新婦の身内に不幸があった場合、結婚報告のはがきを送ることはマナー違反です。同様に、喪中はがきで結婚報告をするのも厳禁。

喪中の場合、12月の半ばまでに印刷が間に合うようなら喪中はがきを送り、松の内が明けて2月4日の立春までに、結婚報告を兼ねた寒中見舞いはがきを送るのがおすすめです。その際は、改めて、喪中であったことと、報告が遅れたお詫びも添えて出すようにしましょう。

必ず元旦に届くように手配は早めに

ウェディングフォト

結婚報告を兼ねた年賀状は、人生の節目に送る大事な一枚。マナーとしてはもちろん、けじめとしてきちんと元旦に先方に着くように準備を始めるべきです

ネット注文で年賀状を作成する場合、特に高品質仕上げや宛名印刷などのオプションを注文すると納期がプラス1日、2日とかかることも。できるだけお早目の注文でゆったりとした年末を過ごしたいですね。

まとめ

年賀状は、新しい年の幕開けに送る大切な挨拶状です。新年のおめでたい時に、結婚という嬉しい報告を受ければ、受け取った方も晴れやかな気持ちになることでしょう。

年賀状は世代や立場の異なる方に送ることになるため、どんな方にも失礼のない様な配慮を心がけましょう。

最近では年賀状を印刷できるサービスが増え、価格やデザインもさまざまな年賀状を簡単に作ることができます。こうしたサービスをフルに活用すれば、年賀状を何パターンも作成するのは難しいことではありません。

二人の幸せと感謝を届けられるよう、ぜひ素敵な年賀状を突く送ってくださいね。

【安定したバランスで総合評価第1位!】
↓全比較項目が7社中3位以内にランクイン↓
おたより本舗の公式サイトへ

【クオリティの高いデザインや仕上がりで総合評価第2位!】

【お手軽設計で総合評価第3位!】↓
しまうまプリントの公式サイトへ

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫