意外と知らない「おせち料理の由来と歴史」を知る! | くらしのいいもの研究所

おせち料理の由来と歴史を知る!古くて浅い意外な真実!

お正月といえばおせち料理ですが、毎年のように作ったり食べたりしているわりには、おせちの歴史や由来をご存じの方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、おせち料理がお正月に食べられるようになったきっかけや変遷など、おせちにまつわる歴史をまとめてご紹介したいと思います。

お正月に限らず、季節の節目にいただく料理だった!

日本では奈良時代の宮中料理が始まり

小皿にのったおせち料理

「おせち」を漢字で書くと「御節」となり、暦上の「節句」、つまり季節の節目を意味していました。これは、唐の時代に中国から伝わった人日(一月七日)、上巳(三月三日)、端午(五月五日)、七夕(七月七日)、重陽(九月九日)という、五つの節句が由来となっているのだとか。端午や七夕などは、現在でもそのまま残っていますね。

奈良時代になると、これら季節の節目となる「節句」に「節会(せちえ)」という宴会を催して、神様に感謝するという風習が始まります。
この時にお供物として作られたのが「御節供(おせちく)」と呼ばれる料理で、現在のおせち料理の起源であるとされています。

一般市民に広まったのは江戸時代から

江戸時代のイメージ画像

このように、おせちは元々、五節句のお祝いのための宮中料理でした。言ってみれば上流階級だけの風習だったわけです。ところが江戸時代になると、この「五節句」が江戸幕府によって公式行事として制定されます。このお触れを契機に、一気に「節会」や「御節供」が一般庶民の知るところとなりました。

しかし、裕福ではない一般庶民が「五節句」の度に豪華絢爛な料理を用意するのは、簡単なことではありません。次第に、五節句の中で最も大切とされる「人日(一月七日)」に料理を用意するようになり、それが「おせち料理」として現代まで受け継がれているのです。

重箱に詰められるようになったのは明治以降

重箱に入ったおせち料理

宮中料理を起源とするおせち料理は、神様へのお供物として食べられていた当時はお椀やお皿を用いた「膳」として供されていました。それが現在のように重箱に詰められるようになったのは、明治時代になってから。

その理由は、神様への感謝から年始のお祝いとしての意味合いが濃くなるにつれ、重箱を重ねることで「幸せや福が重なる」という願いが込められていったのではないかと言われています。また、重箱に積んで置いておくことで保管のためのスペースも省略され、家族やお客様に振舞いやすいという現実的なメリットもあったようです。

現在ではシンプルな一段ものから豪華な六段ものまで、さまざまな段数のおせち料理がありますが、一般的には四段重ね、もしくは五段重ねが正式だとされています。

戦後には、デパートやスーパーでも売られるように

市販のおせち料理

第二次世界大戦以降になると、デパートなどで見栄えのいい段重ねのおせち料理が販売されるようになり、一段と豪華なイメージが広まります。
そして意外にも、この頃になって「おせち料理」という呼び方がようやく一般的に使われるようになったのだとか。起源は奈良時代と古いおせちですが、広く定着したのは戦後というわけです。

意外に知らない、おせち料理の「ダメ。ゼッタイ。」

おせちは、神様と女性に休んでもらうための料理?

釜戸

ところで皆さんは、おせち料理になぜ日持ちのする料理が多く使われているか、ご存じでしょうか。
それは、平安後期からある「火の神(荒神)を怒らせないよう火は使わない」「歳神様を迎えて共に食事を行う正月は台所を騒がせてはいけない」といった風習からきているそうです。お正月に火を使うのはご法度というわけです。

そしてもう一つ、「日ごろ炊事をしてくれている女性が、正月三箇日は休めるように」という意味もあるのだとか。
現在でこそ夫婦共働きの世帯も多く、家事=女性という認識は薄まりつつありますが、おせち料理が爆発的に広まった戦後の高度経済成長期は、まだまだ家事は女性の仕事というとらえ方が一般的だったのですね。

包丁を使うと、良縁まで切ってしまう?

鯛をさばく

また、ものを切るためにある「刃物」はよいご縁まで切ってしまうということから、正月に包丁を使うのは縁起が悪いとも言われています。1月11日の鏡開きの時、包丁を使わずに手や木槌などで鏡餅を叩き割るのは、この風習の名残かも知れませんね。

ちなみに、「怪我することなく無事に一年を過ごせますように」という願掛けの意味もあるのだそうです。

どちらも使えるからといって、祝箸を取り箸代わりに使うのはダメ!

祝箸

おせち料理を食べるとき、両端が先細りした変わった形のお箸を使いますよね。これは「祝箸」といって、片方は神様、もう片方は人が使用する「神人共食」を意味しています。こんなところにも、おせち料理が元々が「神様へのお供物」だったことの名残がうかがえます。

くれぐれも、ひっくり返して「取り箸」に使用しないよう、注意してくださいね!

現在ではライフスタイルに合わせたおせちが主流!

洋風おせち

最近では、和食だけでなく洋食や中華、和洋折衷など、さまざまなタイプのおせち料理が作られています。大家族のための五段重ねの豪華なおせちもあれば、夫婦だけでちょうどいい一段のシンプルなおせちもあります。
塩分や糖質を控えたものやマクロビオティックなど、ヘルシー志向のおせちも人気なのだとか。

デパートやスーパーだけでなく、飲食店でもオリジナル商品を販売していて、お店はもちろんインターネットでも気軽に注文することができるおせち料理。
家族構成やライフスタイルに合わせて、みんなが笑顔でお正月を過ごせるようなおせち料理を取り入れたいですね。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫