京都の名店が監修するおすすめ通販おせち | くらしのいいもの研究所

行けないけれど旅行気分!京都の名店が監修するおすすめ通販おせち

今年は新型コロナウイルスの影響で年末年始の帰省や旅行も難しく、家族でゆっくりお正月を過ごすご家庭が増えそう。そんな中、ネット通販のおせち料理に注目が集まっています。
この記事では、和食の本場「京都」の有名料亭が監修するおせちをご紹介。せっかくのお正月、ちょっぴり贅沢に旅行気分を味わってみてはいかがですか?

京料理ってなに?

京料理

ところで皆さんは、「京料理」と聞いて何を連想されるでしょう。おばんざい、出汁、京野菜、懐石料理・・・何となく「薄味でお上品」といったイメージで括ってはいませんか?

海が少ない地域ならではの味だった!

かつての京都は、天下の台所・大阪のように新鮮な魚介類が手に入りやすい地域ではありませんでした。そのため食材が持つ特徴を生かした料理技術が発達し、独特の食文化が育まれたのです。
「京料理」と呼ばれるようになったのは意外に最近で、明治以降のこと。大阪の料理とまとめて「関西料理」「上方料理」と呼ばれることの方が多く、「京料理」とはあくまでも京都で培われた食文化に後付けされた呼び方だったようです。

技術や見た目にもこだわる食文化!

現在では、中国伝来の宴会料理「有職料理(大饗料理)」、寺院社会で発達した野菜中心の「精進料理」、武家社会で発達した儀式的な「本膳料理」、茶事や茶会の席で提供される「懐石料理」、そして庶民の家庭料理である「おばんざい」を総称して「京料理」と呼んでいます。
そこには、食材の鮮度を落とさないための迅速な包丁さばきであったり、食器や盛り付けの美しさであったりと、味だけでなく技術や見た目も要素として含まれています。まさに「食文化」と呼ぶにふさわしい料理ですね。

誰もが知るあの有名店の味を自宅で!

京都吉兆 

和風 三段(5人用)

和風 三段(5人用)

引用:https://www.daimaru-matsuzakaya.jp/ITEM/20S4302812

泣く子も黙る有名店、京都吉兆。嵐山本店は、あのミシュランガイドで三ツ星を獲得していることでも知られます。
日本の珍味とご馳走をふんだんに盛り込んだ、これでもか!というほど贅沢な三段重はお値段にもびっくり!このおせちを囲むお正月は忘れられないものになりそう。259,200円(税込)。

菊乃井

「菊乃井本店」特製 三段おせち

「菊乃井本店」特製 三段おせち【特定日配送商品】

引用:https://shop.sekaibunka.com/item/9000-002650-0-0/

老舗料亭「菊乃井本店」もミシュランガイドの三ツ星を持つ名店。一つひとつ丁寧に調整された上品なおせちは、ふたを開けた瞬間、家族の歓声が聞こえそうな華やかさです。172,800円 (税込)。

たん熊北店

和風 二段(4人用)

和風 二段(4人用)

引用:https://www.daimaru-matsuzakaya.jp/ITEM/20S4303372

昭和3年に創業、文人の贔屓客も多いという老舗。本店は京都らしい店構えが連なる木屋町通り沿いにあります。京料理の技を凝らしたおせちで、風雅なお正月を楽しめそうですね! 32,400円(税込)。

下鴨茶寮

和風 三段(4~5人用)

和風 三段(4~5人用)

引用:https://www.daimaru-matsuzakaya.jp/ITEM/20S4946542

下鴨神社の境内に広がる糺の森のそば、神聖な雰囲気の漂うエリアに店を構える下鴨茶寮。京野菜をふんだんに使い、心を込めて調製されたおせちで、穏やかな新年のひとときを堪能できそうです。39,960円(税込)。

知る人ぞ知る名店のおせちも

京都円山・東観荘

黄金重 松寿千

東観荘

引用:https://skynet-c.jp/goods/203.html

京都の名勝地、丸山公園の近くにある老舗料亭「東観荘」が監修するおせち料理。創業150年以上続く伝統の京料理を満喫することができます。
「美しい彩」をコンセプトにしたおせちは、色鮮やかな食材や料理はもちろん、黄金色のお重からもそのこだわりが見えますね。白海老や天然本アンコウ、天然の鰤など、食材にもとことんこだわり抜いた料理は全53品。高級感漂うきらびやかなおせち料理です。 21,000円(税込・早割あり)。

京都東山・道楽

平安祝重 清新

道楽

引用:https://skynet-c.jp/goods/207.html

現当主は実に十四代目、創業380年以上という東山老舗料亭「道楽」が監修するおせち料理。京都らしい「薄味」にとことんこだわった48品が楽しめます。
京料理ならではの「出汁」にこだわった料理や魚料理を中心に、どこかほっとするような優しい味が人気。上品で落ち着きのある配色にも、当主の意識の高さが表れています。五感すべてで楽しめるおせち料理に仕上がっていますよ。18,800円(税込・早割あり)。

京都御所南・やまの

三箱二段重 珠天箱

やまの

引用:https://skynet-c.jp/goods/262.html

京都御所にほど近い老舗料亭「やまの」が監修するおせち料理。京都で一番の仕出し屋という評判が立つほどの人気店です。
最大の特徴は、「烏賊東寺焼き」や「精進揚麩」「鰆西京焼き」といった京都ならではの郷土料理が楽しめること。秋田のシラウオを使った「紅白魚甘露煮」や干し杏子を使った生地を鳴門状に巻いた「あんず鳴門」など、オリジナリティあふれる料理も人気です。25,000円(税込・早割あり)。

老舗料亭が作る和洋折衷おせちも人気!

京都宇治・萬

五段重 萬華鏡

萬

引用:https://skynet-c.jp/goods/268.html

三大禅宗のひとつに数えられる宇治の萬福寺にほど近い老舗料亭「萬」が監修するおせち料理。伝統の普茶料理を中心とした、地産地消にこだわる地元食材を生かした和食が人気です。
おせちの定番である和食だけでなく、「蟹とクリームソースのパイ包み」や「ムール貝」といった洋食のテイストも取り入れているのが最大の特徴。まるで万華鏡のような鮮やかな盛り付けと72品というボリューム感は、大人数で食べるのにぴったりですね。36,000円(税込・早割あり)。

京都岡崎・味ま野

高級重 翠柳

味ま野

引用:https://skynet-c.jp/goods/359.html

1897年の創業以来、地元の方や寺社仏閣の方にも愛され続ける老舗料亭「味ま野」が監修。素材から調理方法、お重の素材まですべてにこだわったおせち料理です。
初代より受け継がれる出汁をベースに、時代に合わせて新しいものを取り入れるおもてなしの心は、丹波の黒豆や琵琶湖産の鮎、近江牛など伝統的な和の食材だけでなく、ロブスターやレッドサーモンなども取り入れた和洋折衷のおせち料理です。57,000円(税込・早割あり)。

祇園で人気の有名店もおすすめ!

京都祇園・華舞

高級特大重 宝の舞

華舞

引用:https://skynet-c.jp/goods/332.html

完全予約制で隠れ家のような雰囲気を楽しめる祇園の人気料亭「華舞」が監修。近江牛やキャビア、たらば蟹、雲丹、フォアグラといった高級食材をふんだんに使用した、贅沢なおせち料理に仕上がっています。
その他にも「鰻有馬煮」や「干しくちこ」など、ほかのおせち料理ではおよそ見かけることのないメニューも盛りだくさん。お正月にふさわしい特別な体験ができるおせち料理です。70,000円(税込・早割あり)。

京都祇園・岩元

六角二段重 海宝箱

岩元

引用:https://skynet-c.jp/goods/460.html

老舗がひしめく祇園で11年、今では押しも押されもせぬ人気料亭となった「祇園 岩元」監修のおせち料理。「海宝箱」の名前の通り、とことん海鮮に特化した品揃えです。
アワビや銀鱈、海老、カラスミ、ウニなど使う食材はどれも厳選された高級なものばかり。宝箱の名に恥じない豪華絢爛なおせち料理に仕上がっています。亀甲型のお重もめでたさを引き立ててくれますね。29,800円(税込・早割あり)。

旅行気分で京都の老舗料亭おせちを通販しよう!

京の街並み

コロナ禍の影響を大きく受けそうな今年の年末やお正月。実際に京都に行くことは難しくても、黙って巣篭もりしていたらもったいない!京都の老舗料亭が作る豪華なおせち料理で、少しでも旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫