年賀状注文が初めての方にオススメ【ふみいろ】2020レビュー公開 | くらしのいいもの研究所

【ふみいろ】年賀状注文が初めての方にオススメ|2020レビュー公開

着物を着た女性が年賀状を持っている
https://nenga.fumiiro.jp/

年賀状印刷サイト【ふみいろ】について詳しくご紹介します。 どんな人におすすめなの?? ふみいろは実際のところ安いの? そんな気になるポイントを、分かりやすくまとめてみました。まずはサービス概要からチェックしていきましょう。

「ふみいろ」で2020年子年の年賀状を注文してみたレビュー!はこちら>>

【2020年版】写真入り年賀状の仕上がりを見る>>

総デザイン数 約1,120種
納期 16時までの注文で翌営業日出荷
※写真年賀状の場合:16時までの注文で
4日後出荷(通常) 、フォトプレミアム+宛名印刷はさらに+1日

決済方法
クレジットカード、代金引換、後払い〈コンビニ〉、後払い〈銀行振込〉

送料
無料(ポスト投函)
300円(宅急便)

宛名印刷
無料
※宛名入力代行サービス (12月10日(火)到着分まで)
 基本料金1,200円(税抜)
 1件につき12円(税抜)
投函サービス 対応なし
最大のオススメポイント 200%安心保証(無料)
特徴 入力ミスによる再印刷や有料の宛名入力代行サービス・文字調整サービスがあるため、ネット注文が初めての人やパソコンが苦手な人に安心のお店

ふみいろ の年賀状は安い?

ふみいろで写真入り年賀状を年賀ハガキに直接印刷した場合、30枚で5,199円。平均的価格ですが、オプションの宛名印刷・送料無料なのが嬉しいですね。
(※価格は2019年10月1日現在のもの。割引率は随時変化します。)

ハガキ代5円還元がポイント

「はがき代58円(郵便局で買うと63円)」がうれしいポイント。
ふみいろの場合、無地の官製年賀はがきだけでなく、ディズニーやスヌーピーバージョンも選択できます。

「200%安心保証」が心強い

注文前に内容確認しても、実際に印刷した商品が届いたら間違えていた!!なんて経験をされた方もいらっしゃるのでは?
ふみいろでは、たとえお客様の入力ミスであっても、1回に限り無料で再印刷してくれる保証サービスがあるんです。
『200%安心保証』について詳しくはこちら>

ただし、納品後7日以内、1注文につき1回限り200枚までという条件があるので、到着後はすぐに確認してくださいね。


ふみいろの年賀状クーポンや割引は?

ふみいろには注文時期が早ければ早いほどお得になる早割キャンペーンや、2回目以降10%割引がありますが、誰でも使える割引クーポンはありませんでした。

しかし、初めてふみいろに注文する際に会員登録をしておくと、翌年はリピーター限定割引クーポンという嬉しい特典がありました!ぜひ、会員登録をしてご注文されることをオススメします。

ふみいろ60%オフチケット

こんな人には、ふみいろがオススメ!

パソコン初心者・初めて注文する方に安心のサポート

入力ミスでも再印刷をしてくれる200%安心保証をはじめ、有料の宛名入力代行サービス・文字調整サービスがあるので、ネット注文が初めての人やパソコンが苦手という方にも安心して注文できます。

■宛名入力代行サービスって?

帽子をかぶった猫がパソコンの前にいる

宛名印刷無料とはいえ、住所録を一件一件登録するのは、なかなか大変ですよね。ふみいろの宛名入力代行サービスなら、 はがきや名刺などの原本 を送れば、5~7日で宛名リストを作成してくれます。
年賀状の注文に合わせ、余裕をもって準備をしてくださいね。

料金:基本料金1,200円(税抜)1件につき12円(税抜)
納期:5~7日 ※年内最終期限12月10日(火)到着分まで
宛名入力代行サービスについて詳しくはこちら
https://nenga.fumiiro.jp/guide/atenareg_acting/

■文字調整サービスって?

帽子をかぶった猫がパソコンをしている

調整できる主な例
●異体字への変更
●バランスやレイアウトの簡単な調整
●ふりがな追加
●差出人欄の文字追加
●文字色の変更(挨拶文・差出人のみ)
●書体の変更(挨拶文・差出人のみ)
●漢数字⇔アラビア数字の置き換え
●ロゴマークの追加(法人様向け)

料金:1作品につき280円(税抜)
納期:申込日より3営業日以内 ※年内最終期限12月13日(金)受付分

文字調整サービス について詳しくはこちら
https://nenga.fumiiro.jp/guide/custom/

法人用の注文フォームを強化

差出人入力欄の「個人/法人」で法人を選択すると、法人名・部署名・役職名・FAX番号・URLの入力枠が表示され、枠内に入力するだけで適正なレイアウトにしてくれます。
また、会社やショップのロゴマークの配置も可能に!
個人利用でも画像やスタンプの追加ができるようになると更にいいのですが……。

それでは、ふみいろで実際に年賀状印刷を注文してみましょう!

富士山の後ろから顔を出すねずみ

タレント・フィギュアスケーターで有名な本田望結ちゃんがイメージキャラクターを務めているふみいろ。みゆちゃんのかわいい笑顔に癒されます。
また、サイト全体的に優しい色使いとスッキリした構成で落ち着いて選べます。

「年賀状・喪中はがきサービス口コミ人気No.1」と書かれていますが、サイト上に口コミやお客様の声らしきものは見当たりません。
そこで、実際にスマホからスムーズに注文ができるのか、また仕上がりや満足度についてもお伝えしていきます!

※2019年10月8日注文完了!到着は年賀ハガキ発売後の11月1日以降です。到着次第レビューを追記します。

デザイン選択から注文までの流れは?

それでは、早速デザインを見ていきましょう。ふみいろ では、大きく分けると
「写真フレームタイプ」 と「イラストタイプ」があります。全部で約1,120種類。

写真フレームタイプ のカテゴリは、「フォト」「フォトプレミアム」の2種類。フォトは、ハガキに直接印刷するフチありタイプ(光沢紙風)、フォトプレミアムは、半光沢の銀塩プリントによるポストカードタイプです。

イラストタイプ のカテゴリは、定番和風・かわいい・ナチュラル・おしゃれ・クラフト・クール・キッズの7種類。

1,000種類を超えるデザイン数なので、絞り込み検索ができるようになっています。カテゴリだけでなく写真の枚数やはがきの向き、カラーなどでも絞り込みが可能です。

絞り込み検索画面

ざっと見た感想は、 定番和風はすべての世代、それ以外のカテゴリは若い方に人気のありそうなデザインという印象です。

デザインを選択してみると?

デザイン選択後の画面

さて、写真入りカテゴリの中から、気になるデザインを見つけたので、タップしてみました。

印刷料金は、会員でログインしていると、自動で割引が適用されています。ログインせずに進むと、誰もが受けれる早期割引キャンペーンなどが適用された金額が表示されます。
お気に入り機能もあるので、気になるデザインを後で比較することもできます。

デザイン編集画面の使いやすさは?

1)写真の選択

では、実際に写真を入れていきます。
「写真を選ぶ」をタップすると、画像ファイルが開くので、入れたい写真を選択します。解像度が足りない場合は、写真選択時にふみにゃんがお知らせしてくれます。長辺が1200px以上あれば大丈夫なようです。印刷時のカット線 も表示されるので、安心です。
また、少しわかりにくいのですが、一旦「写真を外す」というボタンをタップすると、写真登録の画面が出てきます。いくつかの写真でデザインに合うものを選びたいという場合に便利ですね。

写真の解像度不足を表示する画面

2)挨拶文の確認・編集

挨拶文は、デフォルトでは「本年もどうぞよろしくお願いいたします」と表示されています。
この文章は自由に変更もできるのですが、どんな挨拶にすればよいか不安……という方のために「家族・一般向け」「結婚報告用」「出産報告用」の定型文が用意されています。
挨拶文を変更した場合、実際にデザインに入れると文章が多すぎて写真の顔にかぶってしまったり、文字と背景が同色で読めなくなるということもあるので、気をつけてくださいね。

挨拶文の確認、編集画面

3)差出人の入力

差出人の入力では、名前と住所を印刷する・印刷しないを設定できます。家族でデザインを使うような場合には、名前を印刷せず、それぞれが手書きするというのもよいですね。

差出人入力画面

レイアウト編集画面の使いやすさは?

続いて、レイアウトの調整です。
写真を入れる場合、写真の色や顔の場所などによって、サンプルのままだとうまくいかないことも。
今回は、挨拶文が顔に被り、文字も読みにくくなっていました。
そこで、文字色を白にし、挨拶文の場所も移動してみました。
変更自体は簡単なのですが、差出人編集が終われば右上の「完了」ボタンを押さないと他の編集ができないのがちょっと面倒でした。

あとは、編集している間に 「サーバーが混みあっています。時間おいてからお試しください」 と表示されてTOPページに戻され、編集中のデザインも消えてしまったのが辛かったです
画像の追加やスタンプ機能がないので、オリジナル感を出したい人には物足りないかもしれません。

レイアウト編集画面

レイアウト完了!

レイアウトが完成しました。
「ふみいろでは、デザインチェックをしておりません」との警告文が出るので、念入りにチェックします。
デザインは、マイページの「買い物かご」に保存されます。
複数のデザインを注文する場合、買い物かごには、複数のデザインが保存されるのですが、なんと、注文は1点ずつしかできません。

「買い物かご」画面

上の画面のあとは、ハガキの選択→宛名印刷の選択→はがき買取の申込み→配達先の入力→配送方法の選択→支払い方法の選択→最終確認→注文確定という流れです。

宛名印刷は、例えば、宛名あり20枚と宛名なし5枚などの設定ができます。
ただし、次の点で、かなりハードルが高く感じました。
①宛名登録を注文時にしなければいけない
②郵便番号を入力しても住所が自動表示されない

クレジット払いの注意点
クレジットカードのスキャン時にいくつかの「4」を「5」と間違えて認識していたので、クレジットカード利用の際は、気をつけてくださいね。

注文内容確認画面

ふみいろでの注文が完了しました。
デザインが消えたときは、ガーン!!となりましたが、それ以外はさほど苦労することなく注文できました。
宛名印刷なし、気に入ったデザインでそのまま作りたいという方にオススメできるサービスです。

ふみいろで注文完了!

今回は、直接はがきに印刷する「フォト」タイプとポストカード仕上げの「フォトプレミアム」を同じ写真で注文してみました。
特に、「フォト」タイプは「 他社とはひと味違う光沢紙風プリントを実現」と記載されていたので楽しみです。 他社とは違う出来上がりが楽しみです。

11月2日以降に出荷されるようですので、到着を楽しみに待ちましょう!届き次第、そのクオリティや、梱包の状態などレビューを追記したいと思います!!

 

11/4追記、実際に届いた!開封の儀

11月4日、ポストを確認してみると商品が届いてました!

在宅の必要がないのはかなり便利。 そして、今回テスト注文した7社の中では、中盤の到着でした

商品はクッション材の付いた封筒で梱包されていました。
今回、年賀ハガキに直接印刷したものと、貼り合わせのプレミアム仕上げの2種類を注文しましたが、それぞれ別口で到着していました。

茶色と白の封筒

ハガキは、いずれもクリア袋に入れられ、大きさに沿って丁寧にテープ止め。 角もキレイなままで、ハガキの反りや汚れもなく、好印象です。

はがきに直接印刷タイプの梱包

白い封筒の上に写真入り年賀状と納品書

封筒の中には納品書と商品が入っていました。
納品書には、お問い合わせ先のQRコードが載っていて、アクセスするとお問い合わせページが開きます。
また、電話番号も載っているので、何かトラブルがあったときにも安心ですね。

プレミアム印刷タイプの梱包

茶色の封筒の上に写真入り年賀状と納品書と「おはがきの取り扱いについて」の紙

封筒の中には納品書と商品に加え、「おはがきの取り扱いについて」という紙が入っていました。
貼合わせ特有の用紙の曲がりや反りに対する対処が書かれています。

仕上がりクオリティのチェック!

【 年賀ハガキに直接印刷 】の仕上がりは?

ふみいろの直接印刷の年賀状

はがきへの直接印刷タイプですが、印刷自体は光沢感もあり、きれいです。
ただ、顔が実際の写真より青白く血色が悪い仕上がりになってしまいました。
ふみいろで注文する場合には、明るめの顔色の写真を選んだ方がよさそうです。

【 プレミアム写真仕上げ 】の印刷仕上げの仕上がりは?

ふみいろのプレミアム写真仕上げの年賀状

こちらは、直接印刷に比べると青みが抑えられ、許容範囲の顔色になっています。
用紙は、絹目調で光沢のあるタイプです。鮮やかな色がキレイに出ています。届いたはがきは、反りや曲がりもなく良い状態でした。また、貼り合わせやカットもきれいで、1枚の紙のようです。厚みは通常はがきの2枚強分ほどあるので、自宅での宛名印刷は難しいかもしれません。さらにキレイ!今回比較のために注文した7社の中でもトップクラスではないでしょうか。

少し高くはなりますが、ふみいろで注文する際は、フォトプレミアム仕上げがオススメです。

まとめ

最後に、ざっくりおさらいです。ふみいろの年賀状印刷の特徴は…

★200%安心保証・宛名入力代行サービス(有料)があり、初めてのネット注文でも安心のサイト

★ 宛名印刷・送料が無料


★ うれしいはがき代5円還元&リピーター割引・追加注文割引制度あり

いかがでしたか?ふみいろの情報や、実際に注文してみたレビュー、仕上がりを調査してきました。
顔色の不安材料は残りますが、価格や納期など全体的にバランスの取れた印刷会社だということがわかります。
年賀状印刷を注文するときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に、年賀状印刷は通常『年末に近づけば近づくほど高くなっていく』ところがほとんど。 ふみいろでも、早期割引が絶対にお得!
安く済ませたい方は、早めに注文することをオススメします。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫