【年賀状文例】親しい相手へのカジュアルな挨拶文 | くらしのいいもの研究所

親しい相手への年賀状はカジュアルな挨拶文で!文例をご紹介

よくある年賀状の定型文は、誰にでも送りやすい内容だけに、堅苦しく味気ないものとなりがちです。仲の良い友人に送るなら、カジュアルな感じの挨拶文で親密さを伝えたい…そう考えている人もいるでしょう。
親しく付き合っている相手への挨拶文におすすめの文例をご紹介します。

親しい友達への年賀状にはどんな挨拶文を添える?

さまざまな相手に送る年賀状。賀詞や挨拶文も含めて印刷してしまうと、簡単に作成することができます。

しかし、定型の挨拶文では、どうしてもほかの人と同じものを選ぶことが多くなります。せっかく送るのなら、相手の心に届くような手書きの一言を添えたいものです。

とくに普段から親しく付き合っている友人や親戚に年賀状を送る場合、定型文だけだと素っ気ないように感じられるかもしれません。みんなと同じお決まりの言葉ではなく、カジュアルな文を添えたいと考えている方もいるでしょう。

以下のような基本のポイントさえ押さえておけば、添え書きをカジュアルな感じにしても大丈夫です。

●印刷の挨拶文と異なる内容にする
●「去」「失」「絶」などの忌み言葉を避ける
●「、」「。」などの句読点を使わない
●相手の家族が読んでも不快にならない

とはいっても、いざ書こうとすると内容に悩んでしまうことがあると思います。友人への挨拶文でよく取り上げられている内容を挙げてみますので、参考にしてください。

友人への挨拶文でよく取り上げられている内容

【近況報告】
自分の仕事に関すること、趣味など最近熱中していること、イベントや変化など自分の家族のこと
【共通の話題】
よく行くお店、共通の思い出、知人友人、相手の家族のこと
【今年の抱負やお誘い】
仕事や趣味などで今年自分ががんばりたいこと、友人と一緒に行いたいこと

ごく一般的な挨拶文だけでなく、こういった内容を添えると、年賀状を受け取った嬉しさや送った人への親しみをより強く感じてもらえるのではないでしょうか。

カジュアルな挨拶文として使える!具体的な文例

では、ここからは具体的なイメージがわくように、親しい間柄の人に送りたいカジュアルな挨拶文の文例をご紹介します。

実際に会う頻度や会えば口にする話題などは、友人それぞれで違うはず。相手との付き合い方によって、適した内容にアレンジしてみてくださいね。

【文例】普段からよく会う人への挨拶文

昨年は何かとお世話になりました
いつも遊んでもらって感謝しています
今年もハッピーな一年にしていこうね!

旧年中は公私にわたりお世話になりました
○○さんの行きつけのお店
今年こそ飲みに連れていってくださいね

一人でのお正月もいよいよラストだね
結婚式 精一杯盛り上げるからね
当日を楽しみにしています!
今年もよろしく

昨年はいろいろとお世話になりました
おいしい料理 食べすぎていないかな
しっかりリフレッシュしたらまた年明けから一緒にがんばろうね

【文例】時々顔を合わせている人への挨拶文

お元気ですか
仕事にも育児にもがんばっていることと思います
時間があるときには またぜひランチしましょう!
今年もよろしくお願いします

新しく猫が家族の一員となりました
よかったら遊びにきてね
久しぶりに顔を見たいです
○○にとってもよい一年でありますように

楽しいお正月をお過ごしでしょうか
子どもも社会人となり 時間に余裕ができてきました
近いうちにご飯でも食べにいきましょう
本年もどうぞよろしくお願いします

オンラインも便利だけど
やっぱり直接会って話したいな
今年は時間をつくって遊びましょう
奥さんや○○ちゃんにもよろしく

【文例】しばらく会っていない人への挨拶文

ご無沙汰していますが 元気ですか
仕事に追われる毎日だけど 映画好きは相変わらず
帰省したときには また例の店でゆっくり話をしよう

娘も今年は小学生です
親の私が年をとるはずだと しみじみ思うこの頃
お互い健康に気をつけてがんばりましょう

昨年はなかなか会えなかったね
今年は就職二年目に突入!
もう少し余裕を持って
仕事もプライベートも充実させたいと思っています
お互いよい一年となりますように

息子さんもすくすく育っている様子
年賀状の写真をいつも楽しみにしています
今年は同窓会で会えるかな?
また連絡しますね!

アイディア次第でユニークな年賀状に!挨拶文のひと工夫

気心の知れている友人や仲間になら、挨拶文にもう少し遊び心を入れるのもおすすめですよ。
挨拶文のひと工夫でユニークな年賀状にできるアイディアをご紹介します。きっと楽しんでもらえるのではないでしょうか。

あいうえお作文の挨拶文

あいうえお作文は、文頭の一文字を順にとると別の言葉が読めるというものです。お正月ならではの言葉や干支などを含めると年賀状にふさわしい挨拶文になりますよ。

「お」互い体に気をつけて
「め」いっぱい一年を楽しもう
「で」きれば今年は会いたいな
「と」きどきごはんにでも行こう
「う」れしいニュース聞かせてね

「あ」らたな年の始まりに
「け」ついしたこと
「お」料理の練習がんばります
「め」きめき上達してびっくりさせるからね

「う」ちの家族はみんな元気です
「し」ずかな時間がたまにはほしい
「ど」んなときも笑顔の○○さん
「し」あわせいっぱいの年でありますように

「う」んどうするぞと昨年は
「し」っかり決意したはずなのに
「ど」んどん増えてく我が体重
「し」まったボディはいつかきっと見せます

ダジャレ入り挨拶文

単純だけど笑ってしまうダジャレ。お正月の雰囲気を端的に表す干支関連の語は、年賀はがきに収まる短めの挨拶文にも入れやすいですよ。2021年は「丑年」です。

ウシろでいつも応援しているよ
目標達成もモーすぐ!

今年もちょウシは絶好調!
食べっぷりだけは抜群と妻もモウしております

今年は婚活をがんばっちゃウシ
結婚報告できるのもモウすぐかも!?

カジュアルな挨拶文の年賀状で親しみや笑顔を届けよう

いつも仲良くしている友人や昔から気心の知れている人には、年賀状の挨拶文もややくだけた感じにしても大丈夫です。基本的なポイントを押さえたカジュアルな挨拶文は、相手に親しみや喜びを感じてもらえると思います。

親しい友人への挨拶文の内容は、自分の近況報告や共通の話題、今年の抱負やお誘いなどがよいですよ。文例を参考に、自分の状況や相手との関係性に合わせて応用してみてくださいね。

また、親しい間柄だからこそ、遊び心を入れた挨拶文もアリです。あいうえお作文やダジャレを入れた挨拶文の例を挙げましたが、得意な方はぜひイメージを膨らませてみてください。
年賀状を受け取った相手の顔がほころぶ様子が目に浮かびますね。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫