年賀状はスタンプで手作りしよう!おすすめの理由とその方法 | くらしのいいもの研究所

年賀状はスタンプで手作りしよう!おすすめの理由とその方法

毎年、年賀状の季節になると、悩むのがそのデザイン。「毎年似たようなデザインになってしまう」「テンプレートを使うと他の人と同じデザインになってしまう」といった悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
この記事では、スタンプを使ってオリジナルの年賀状を手作りする方法をご紹介します。オススメする理由も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

スタンプを使った手作り年賀状がオススメの理由

あたたかみの感じられる年賀状になるから

近年では、たくさんのプリントデザインが登場し、誰でも簡単に整ったデザインの年賀状を作れるようになりました。しかし、なぜ「手作り」の年賀状が喜ばれるのでしょうか?

「手作り」の年賀状が嬉しいのは、「作った人の気持ちを感じることができるから」ではないでしょうか。
オリジナルのメッセージやイラストが書かれていると、自分のことを想いながら一生懸命作ってくれたんだな、と自然と嬉しくなりますよね。

子どもと一緒に作れるから

スタンプを押すという作業は、幼稚園児や小学生でも簡単にできるので、親子で年賀状作りを楽しむことができます。
一緒に作ることで、子どもの「作りたい!」という気持ちを伸ばしてあげることもできますよね。

万が一失敗してしまっても、手数料5円を払えば年賀はがきなどと交換してもらえるので安心です。
また、おじいちゃんやおばあちゃんなど、もらった人は子どもの成長を感じることができます。
毎年の年賀状を大切にとっておけば、子どもの成長記録にもなりますね。

自分にあった方法でオリジナルの年賀状を

今年はひと手間加えたオリジナルの年賀状で思いを伝えたい…でもどうやって?
ここではそのおすすめの方法をご紹介します。

100円ショップやネットでも買える「市販のスタンプ」

まずはじめに市販のスタンプがあります。
賀詞や干支の柄のスタンプを選べば、簡単にお正月らしい雰囲気のものを作れますね。
最近では100円ショップでも簡単に手に入るようになり、「謹賀新年」や「あけましておめでとうございます」といった定番の文言から、少し長めの挨拶文まで豊富な種類があります。

他の誰ともかぶらないオリジナルの年賀状を作りたいときは、通販ショップを利用してみてはいかがでしょうか。
ハンドメイド作家さんが作ったオリジナルのスタンプであったり、和風や洋風、可愛いモチーフや大人っぽい雰囲気など、豊富なデザインを取りそろえているので、お気に入りのものがきっと見つかりますよ。

【人気のカナヘイ】シャチハタ デコスタ デコ賀詞タイプ

https://item.rakuten.co.jp/auc-takejirushi/764325/

ポップなイラストが可愛らしい賀詞タイプのスタンプ。LINEスタンプでお馴染みのイラストレーター「カナヘイ」さんがデザインしています。「HAPPY NEW YEAR」の文字とお正月らしいイラストがセットになっているので、これだけで華やかな雰囲気になりますね。

はんこどり 小さいはんこスタンプ (お正月スタンプ)

はんこどり小さいはんこスタンプ(お正月タンプ)

https://item.rakuten.co.jp/karafuru/hkdr0000oshogatsustamp/

素朴なデザインが目を引く小さなはんこ。消しゴムはんこ作家「はんこどりさん」がデザインしていて、はんこどりさんが実際に彫ったはんこの印影を写しとって作っています。ワンポイントで押してもよし。まとめて押しても楽しめますね。

moda(もだ)お正月スタンプ(L)

moda(もだ)お正月スタンプ(L)

https://happy-card.jp/ne/page/original/index.html

手書き風のデザインがどこか気持ちをほっこりさせるスタンプ。こちらも賀詞とイラストがセットになっているので、これひとつ押せば可愛い年賀状のできあがり。色を塗ってアレンジするのもよいですね。


より手作りにこだわるなら「消しゴムはんこ」

手先が器用な方は、消しゴムで世界に一つしかない自分だけのスタンプ を作ってみるのはいかがでしょうか。
まずは、鉛筆またはシャーペンでトレーシングペーパーに図案を写しとります。トレーシングペーパーに写しとった図案を消しゴムに当てて転写します。彫刻刀やカッターを使って図案を彫っていくと完成です。
消しゴムはんこは、刃の角度や力の加減でラインの雰囲気が変わります。世界に一つしかないスタンプを作ってみてくださいね。

アプリやソフトでかんたん「デジタルスタンプ」

大手メーカーの家庭用プリンターをお持ちの場合は、専用の年賀状アプリが用意されていることがあります。
無料で使えるテンプレートや豊富なデザインのデジタルスタンプを使えば、簡単にオリジナリティあふれるデザインの年賀状が作れますよ。この場合は自宅で簡単に印刷できるので、作ってすぐに投函したいときにも便利ですね。

●EPSON

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.epson.nenga

●Canon

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.canon_mj.newyearscard


ネット印刷も上手に活用しよう

お世話になった人にオリジナルの「あたたかみのある年賀状」を届けたい。しかし、すべて手作りするとなると時間もかかり大変。もっと簡単に年賀状を作ることってできないかしら…?そんな方におすすめなのが、ネット印刷を利用する方法です。

特殊なソフトは必要なし!ネットでオリジナル年賀状が作れる!

ネット印刷といえば、定型のテンプレートを使用して作成するイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。「もっと手作り感のある年賀状が作りたい」という方は敬遠しがちかもしれません。
でも実は、スタンプの機能を駆使すればオリジナリティたっぷりの年賀状を作れるのです。

たとえば「おたより本舗」の提供する「スタンプで作るオリジナル年賀状」であれば他の人とは違った年賀状を簡単に作ることが可能です。
「スタンプで作るオリジナル年賀状」は、イラスト508種、賀詞208種、背景63種の中からお好みにあわせたパーツを組み合わせて作ります。写真の挿入も可能で、納期は通常と変わりません。

作り方は簡単。まずはお好みの背景デザインを選択します。はがきの種類を選んでから、編集画面で「スタンプ」をクリック。お好みのカテゴリの中から、使いたいスタンプを選んでスタンプを貼り付ければ簡単にできます。

向きや大きさ、位置も自由に編集できるので、お好みで調整してくださいね。編集が終わったら通常の注文と同様に、ご注文手続きを完了させてください。

今年はスタンプを使った年賀状で心のこもったごあいさつを

スタンプを使って手作りする年賀状をオススメする理由と、その方法を紹介しました。
年賀状は、直接あいさつすることができない遠方の人へ、年始回りに代わるものとして出されるようになったのが始まりです。
スタンプを使った年賀状でオリジナリティをだすだけで、あたたかみの感じられるものになるので取り入れてみるとよいですよ。また子どもと一緒に作れるのもよいですよね。
スタンプの種類には、市販のスタンプや消しゴムはんこ、デジタルスタンプなどがあります。すべて手作りにすると大変なので、ネット印刷も取り入れながらオリジナルの年賀状が作れるとよいですね。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫