2021年は辛丑(かのとうし)!干支の由来や意味は?順番もご紹介 | くらしのいいもの研究所

2021年は辛丑(かのとうし)!干支の由来や意味は?順番もご紹介

年賀状のデザインにはその年の干支(えと)の動物がよく使われていますね。2021年は丑年(うしどし)です。でも、2021年の干支を正確にいうと辛丑(かのとうし)。これはどういう意味なのでしょうか?

今回は、干支の意味や順番、身近に残る言葉についてご紹介します。

2021年の干支は辛丑(かのとうし)!意味や由来は?

年賀状などでなじみ深いのは「十二支」

干支というとすぐに思い浮かぶのが、「子、丑、寅…」で始まる動物のことではないでしょうか。すべて並べるとこのような順番になります。

子(ね・ねずみ)丑(うし)寅(とら)卯(う・うさぎ)辰(たつ・りゅう)巳(み・へび)午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(い・いのしし)

全部で12種類あり、十二支(じゅうにし)と呼ばれています。この順番を決めるために神さまが動物たちに競争をさせたという物語も残っていますが、もともとは動物ではなく、紀元前の中国で日付を表すために使われていた語で、後に年月や時刻、方角を示すためにも用いられるようになりました。

長い歴史の中で元の意味とは違う動物をあてはめるようになったため、現在、動物を表すときに使う一般的な漢字とは異なっているのですね。

これが日本にも伝わり、暦や時刻、方角などを表す語として活用されました。

ただ、この十二支は、干支の「支」にあたるものであり、干支のすべてを表しているものではないのです。

「十干」と「十二支」を合わせて干支

干支の2文字のうち「干」にあたるものは、十干(じっかん)といいます。十干と十二支を合わせたものが十干十二支で、本来、干支といえばこのことを指していました。

十干には下の10種類があります。

甲(コウ・きのえ)乙(オツ・きのと)丙(ヘイ・ひのえ)丁(テイ・ひのと)戊(ボ・つちのえ)己(キ・つちのと)庚(コウ・かのえ)辛(シン・かのと)壬(ジン・みずのえ)癸(キ・みずのと)

十干は、紀元前に中国で生まれた陰陽五行という考え方が今に残るものです。陰陽は「陰」と「陽」・「光」と「闇」・「男」と「女」というように二対となるものを表しています。五行は「木」「火」「土」「金」「水」という現在でも身の回りに存在する大切な5つの要素のことです。陰陽五行とは、自然界に存在するすべてのものがこれらの要素で構成されているという考え方です。

十干では、陰陽の二対の要素を「兄(え)」と「弟(と)」で表現しています。五行それぞれに「え」と「と」があり、例えば「木」の二対だと「きのえ(木の兄)」と「きのと(木の弟)」になるわけです。

現代では十干になじみが薄くなってきていますが、本来の干支は、十干と十二支を組み合わせたものなのです。2021年は十干が「辛」、十二支が「丑」の年にあたるので、干支は「辛丑(かのとうし)」となります。

60種類の干支の順番を早見表で確認!

十干10種類と十二支12種類が順に巡っていくと、その組み合わせは全部で60通りです。つまり、60年経つと再び同じ干支となるわけですね。

60年分の干支の順番を早見表にしましたので、参考にしてください。

十干十二支早見表

順番干支読み方西暦(和暦)
1甲子きのえね1984(昭和59)年
2乙丑きのとうし1985(昭和60)年
3丙寅ひのえとら1986(昭和61)年
4丁卯ひのとう1987(昭和62)年
5戊辰つちのえたつ1988(昭和63)年
6己巳つちのとみ1989(昭和64/平成元)年
7庚午かのえうま1990(平成2)年
8辛未かのとひつじ1991(平成3)年
9壬申みずのえさる1992(平成4)年
10癸酉みずのととり1993(平成5)年
11甲戌きのえいぬ1994(平成6)年
12乙亥きのとい1995(平成7)年
13丙子ひのえね1996(平成8)年
14丁丑ひのとうし1997(平成9)年
15戊寅つちのえとら1998(平成10)年
16己卯つちのとう1999(平成11)年
17庚辰かのえたつ2000(平成12)年
18辛巳かのとみ2001(平成13)年
19壬午みずのえうま2002(平成14)年
20癸未みずのとひつじ2003(平成15)年
21甲申きのえさる2004(平成16)年
22乙酉きのととり2005(平成17)年
23丙戌ひのえいぬ2006(平成18)年
24丁亥ひのとい2007(平成19)年
25戊子つちのえね2008(平成20)年
26己丑つちのとうし2009(平成21)年
27庚寅かのえとら2010(平成22)年
28辛卯かのとう2011(平成23)年
29壬辰みずのえたつ2012(平成24)年
30癸巳みずのとみ2013(平成25)年
31甲午きのえうま2014(平成26)年
32乙未きのとひつじ2015(平成27)年
33丙申ひのえさる2016(平成28)年
34丁酉ひのととり2017(平成29)年
35戊戌つちのえいぬ2018(平成30)年
36己亥つちのとい2019(平成31/令和元)年
37庚子かのえね2020(令和2)年
38辛丑かのとうし2021(令和3)年
39壬寅みずのえとら2022(令和4)年
40癸卯みずのとう2023(令和5)年
41甲辰きのえたつ2024(令和6)年
42乙巳きのとみ2025(令和7)年
43丙午ひのえうま2026(令和8)年
44丁未ひのとひつじ2027(令和9)年
45戊申つちのえさる2028(令和10)年
46己酉つちのととり2029(令和11)年
47庚戌かのえいぬ2030(令和12)年
48辛亥かのとい2031(令和13)年
49壬子みずのえね2032(令和14)年
50癸丑みずのとうし2033(令和15)年
51甲寅きのえとら2034(令和16)年
52乙卯きのとう2035(令和17)年
53丙辰ひのえたつ2036(令和18)年
54丁巳ひのとみ2037(令和19)年
55戊午つちのえうま2038(令和20)年
56己未つちのとひつじ2039(令和21)年
57庚申かのえさる2040(令和22)年
58辛酉かのととり2041(令和23)年
59壬戌みずのえいぬ2042(令和24)年
60癸亥みずのとい2043(令和25)年

2021年の辛丑は、38番目にあたります。

歴史や身の回りに残る十干十二支

西暦や和暦を使って年を表す方が一般的になっている現代ですが、歴史の中や身近なところに、十干十二支に由来する語が残っていますよ。

60歳の還暦のお祝い

日本では60歳を迎えると長寿として還暦のお祝いをするという風習があります。例えば庚子の年に生まれた人が再び庚子を迎えるのは60歳となる年です。60ある干支が一回りして「暦」の上で元に「還」るため、このように呼ばれているのです。

時刻に使われていた名残り

現在でもお昼の12時のことを正午といい、お昼前を午前、お昼の後を午後と表現します。この午とは午(うま)の刻のことで、十二支で時刻を分けていた表現が残るものです。

怪談などでよく使われている「草木も眠る丑(うし)三つ時」も、深夜2時から2時半のことを指すんですよ。

暦からつけられた歴史のできごとや場所の名

歴史に残る大きなできごとには、その年の干支から名づけられたものがあります。

壬申の乱や戊辰戦争などは、日本史で習った記憶があるのではないでしょうか?壬申の乱は672年に皇位継承をめぐって起こった大きな内乱、戊辰戦争は1868年に始まり旧幕府を支持する勢力と明治新政府が争った内戦のことです。

また、甲子園球場の名も干支に由来しています。球場が完成したのが1924年で十干十二支の最初である甲子にあたるため、縁起が良いこともあって名前に使われたのだそうですよ。

出生率に影響した丙午(ひのえうま)の迷信

半世紀ほど前になる1966年の出生率は、その前後に比べて低くなっています。これは1966年が丙午であったのが理由だといわれています。

丙(ひのえ)は五行でいうと火、そして午(うま)にも火という意味があることから、丙午には火災が多いという俗説がありました。更に、江戸時代に放火を起こした八百屋お七の事件から「丙午生まれは気性が激しい」「丙午生まれの女性は結婚相手の命を縮める」という迷信が広がったようです。古い迷信が昭和の時代にまで影響していたようですね。

長い歴史のある奥深い干支

本来の干支とは、十二支に陰陽五行の流れをくむ十干を合わせたものです。全部で60種類、60年をかけて一巡りします。

西暦や元号を用いる現代では、年を表す言葉として干支を使用する機会はなかなかないかもしれません。ですが、干支に由来する語は、歴史上や身の回りの意外なところに残っています。

干支という視点からあらためて周囲を見直すと、ほかにももっと発見があるかもしれませんね。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫