暑中見舞いもネット印刷がお得!2020年おすすめの印刷会社はここ | くらしのいいもの研究所

暑中見舞いもネット印刷がお得!2020年おすすめの印刷会社はここ

新型コロナウィルスの影響で、今年は大きく生活を制限された方も多いのではないでしょうか。これから感染の第二派がやってくことを思うと、夏の帰省やご挨拶回りを見合わせて、ステイホームを継続される方も少なくないのでは?そんな時にオススメしたいのが「暑中見舞い」です。長らくお会いできていないあの人へ、お世話になったあの方へ、夏のご挨拶状を届けてみませんか?

暑中見舞いの投函時期は?コロナで自粛した方がいい?

暑中見舞いを投函するのにふさわしい期間は、二十四節気でいう小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)前までと言われています。

特に今年は、新型コロナの影響で体調に敏感になっている方が多い上に、猛暑も予想されています。そんな時こそ相手の健康を気遣いながら、近況を伝えることができる暑中見舞いは遠く離れた家族や友人との心の触れ合いに一役買ってくれることでしょう。何事も自粛が叫ばれる中、こんな形での交流に喜びを見いだせるのは日本人らしくて素敵ですね。

おすすめの暑中見舞い印刷会社は【おたより本舗】

当サイトの年賀状比較で総合評価第一位を獲得した「おたより本舗」。実は、暑中見舞い専用サイトもあるんです!年賀状と同じく価格、サービス、デザイン面での満足度が高い印刷会社です。それでは具体的にオススメのポイントを見ていきましょう。

おたより本舗の暑中見舞いがオススメの理由

◆デザインが豊富

デザイン色々

なんといってもデザインが豊富。写真なしデザインが182点、写真入りデザインが114点、デザイン総数が296点もあり、そのカテゴリも各種様々。結婚報告・引っ越し報告・出産報告など定番の挨拶状デザインもあるのでこのタイミングで暑中見舞いとドッキングさせるのがおすすめ。夏にぴったりな涼しげなデザインがそろっていますよ。デザイン一覧はこちら>>

◆価格が安い

まず、おたより本舗の暑中見舞いは価格が安い。50枚をかもめーる(切手付きハガキ)に印刷し、宛名印刷を頼み、家まで届けてもらっても5,550円。また、複数デザインの注文で+10%割引なのでお得です。もう郵便局にハガキに買いに行く手間も、暑い家の中でプリンターと格闘する必要もありません。

カラー印刷で50枚の注文の場合(宛名印刷・送料無料)
印刷料金2,400円(25%オフ適用)+ハガキ代63円×50枚=5,550円
※割引率は日々変動します。早いほどお得ですよ!

◆サービスが充実

おたより本舗では名入れ印刷が無料!会員登録しておけば翌年以降もアドレスを再利用できて便利!また送料も無料、代理投函も無料です。また、注文まで3ステップなので、誰でも簡単に注文できます。

◆納期が早い

ハガキに直接印刷仕上げなら、13時までの注文で当日出荷という驚異的スピード。宛名印刷が追加されても同じ時間で出荷できるとか。最短で翌日には届きますね。プレミアム仕上げの場合でも3営業日後の出荷なので、こちらもスピード感があります。

◆仕上がりが美しい

年賀状印刷比較でも仕上がりの美しさでランキングしたおたより本舗ですので、安心です。特にプレミアム印刷のクオリテイが高い印象です。

通常印刷
プレミアム写真仕上げ

こちらもおすすめ【挨拶状ドットコム】

挨拶状ドットコムも、年賀状印刷比較で上位にランキングされる常連です。「Wお年玉年賀はがき」や「きずな箱」など斬新なアイデアや取り組みがキラリと光るおすすめの印刷会社です。

挨拶状ドットコムの暑中見舞いがオススメの理由

◆デザインが豊富

挨拶状ドットコムの暑中見舞いのデザインは195種類。おたより本舗よりは少ないですが、迷うほどのラインナップです。ブルーを基調にした手書き風のほっこりかわいいイラスト風デザインが多く、ヤングファミリー層にオススメです。
人気デザインランキングをを見てみる>>

◆価格は?

50枚をかもめーる(切手付きハガキ)に印刷し、宛名印刷を頼み、家まで届けてもらっても8,650円。おたより本舗よりは高くなりますが、こちらも宛名印刷無料。また、8月27日まで、ロゴ入れやデザイン面の個別レイアウト調整が無料なので、法人の用途で希望される方にはお得です!

カラー印刷で50枚の注文の場合(宛名印刷・送料無料)
印刷料金4,620円(早期割引30% 適用)+ハガキ代63円×50枚=8,650円
※割引率は日々変動します。早いほどお得ですよ!

◆5,000円が当たるかも!

抽選で20人に1人に5,000円分のJCBギフト券が当たるキャンペーンを行っています!商品到着後にアンケートに答える形になるようですが、当選すればお得です。わくわくするキャンペーンですね。

まとめ:この夏もコロナに負けない!

いかがでしたか?暑中見舞いのオススメ印刷会社をご紹介してきました。2020年の夏は、新型コロナの影響でこれまで経験したことのない厳しい夏になることが予想されます。

オリンピックが延期になり、夏の選抜高校野球大会も中止。子ども達は、夏休みの時期も登校が必要です。レジャーやバカンスには行けないけれど、心がほんわか幸せな気分になれるような、そんな素敵な暑中見舞いを親しい方に送ってみませんか?

こんな時こそ「私は元気です。お元気ですか?」という一言に救われる方もいるでしょう。家にいながら簡単に注文できる、暑中見舞いでこの夏を乗り切り幸せの和を繋げていきたいものですね。

年賀状印刷会社を徹底比較!2021 TOPへ ≫